自転車保険としてのTSマークの有効性

自転車保険としての死亡保障は、青色TSマークが30万円、赤色TSマークは100万円となっています。

一方、自転車保険としての賠償限度額は、青色TSマークが1000万円、赤色TSマークは2000万円となっています。

駆動補助機付自転車(アシスト自転車)用である緑色TSマークの補償内容は、赤色TSマークと同じです。

賠償限度額は、自転車保険としてまあギリギリのレベルといったところです。

これに対し、死亡保障は自転車保険としては苦しいレベルです。

しかし、他の自転車保険が損保会社での様々な手続きが必要なのに比べ、TSマーク付帯保険は、TSマークのついた自転車安全整備店の看板のあるお店で、簡単に入ることが出来ます。

自転車通勤しており、とりあえず心配だから入っておきたい!といった考えの人には、お薦めの自転車保険です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。