自転車保険ユースにマッチした交通事故傷害保険

交通事故傷害保険は、本人の死亡保障をどのくらいにするかによって、保険料は大きく変わります。

死亡保障を1000万円、賠償限度額も3000万円に設定した場合、12,000円/年前後が目安です。

やはり、様々な交通事故をカバーするだけに、自転車総合保険に比べると、かなり割高になります。

ただ、交通事故傷害保険には、自転車保険としての有効な機能があります。

それは長期通院のケースです。

一般に、生命保険では入院なしの長期通院では、補償されない場合があります。

自転車事故では、入院するほどのケガではなかったのに、思わず長期通院になるケースがあります。

交通事故傷害保険はこのような状況をカバーしてくれますので、自転車保険としてのニーズにマッチしていると言えます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。