自転車保険の本流 自転車総合保険

自転車事故に対応する自転車保険にはどのようなものがあるのでしょうか?

自転車保険の本流は、何と言っても自転車総合保険です。

・自転車に乗っている時に転倒してケガをした・・・
・自転車に乗っている時に他の自転車、人とぶつかってケガをした・・・
・歩行中に自転車にはねられてケガをした・・・

このような場合に、補償してくれる自転車保険です。

逆に、

・自転車に乗っている時に、人をはねてケガをさせた(対人賠償)
・自転車に乗っている時に、物にぶつかり壊してしまった(対物賠償)

といった対人賠償、対物賠償にも対応出来る自転車保険です。

これら自転車総合保険は、損保ジャパンやあいおい損保といった損害保険会社で取り扱っています。


本人の死亡保障をどのくらいにするかによって、自転車保険の保険料は大きく変わります。

死亡保障を3000万円以上にすると、保険料は8,000円/年程度になりますが、1000万円以下まで下げ、賠償限度額も3000万円以下に設定すれば、2,000円/年前後で済みます。


また、JCA(日本サイクリング協会)賛助会員になると、JCA自転車総合保険の特典がついています

この自転車保険は、死亡保障245万円、賠償限度額1,000万円とやや心もとないですが、保険料は1,480円/年です。

JCA加入のついでに、自転車事故の補償も考えようかな、という人にはおすすめの自転車保険です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53156762

この記事へのトラックバック

自転車 保険の記事
Excerpt: 最新年金保健情報をお届けします!自転車対歩行者事故3000件に迫る!“知っていますか自転車保険 対歩行者事故3000件に迫る”という記事によれば、自転車が歩行者を死傷させる交通事故が年間発生件数が30..
Weblog: 最新年金保健情報
Tracked: 2007-09-16 19:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。