自転車保険は必要か?

自転車保険って必要なのでしょうか?

もっとリスクが明白なモノ・・・例えば「自動車」

便利な一方、使い方によっては凶器になる可能性があり、様々なリスクが発生します。

そして実際に事故が発生した場合に、金銭面のサポートをしてくれるのが損害保険です。

もっとも加害対象が人(対人賠償)の場合、保険で金銭的に解決しても、一生取り返しがつかない人生になる可能性もありますが・・・。


しかし、このようなリスクは自動車に限った話ではありません。

自転車でも同様のリスクがあります。

・自転車の運転中に、人をはねてしまった(対人賠償)
・自転車の運転中に、物にぶつかり壊してしまった(対物賠償)
・自転車の運転中に、転んでけがをした
・歩行中に、走っている自転車にはねられてけがをした

自転車と言えども、それなりのスピードが出るだけに、場合によっては死亡事故につながる可能性だってあります。

これに対応するのが自転車保険です。

自転車事故の発生件数は年々増加傾向にあり、自転車保険の重要性は高まっています。

元々、日本には自転車専用道路が少なく、自転車保険の必要性が高い道路環境にあると言えるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52948691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。